サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2021>
  4. ベゴニア『Viking Explorer Rose on Green』がAASで金賞獲得

ニュースリリース|2021

2021年11月19日

ベゴニア『Viking Explorer Rose on Green』がAASで金賞獲得
サカタ2年連続の金、ハンギングに使いやすいクリーピングタイプの新品種

サカタのタネが開発したベゴニア『Viking Explorer Rose on Green』(バイキング エクスプローラーローズ オン グリーン=写真=)が世界2大花き品評会とされる米国の「オール アメリカ セレクションズ※1」(AAS)のコンテナ栽培部門でゴールドメダルを獲得しました。

AASではエントリーされた品種はさまざまな気候区分を持つ北米各地の試験場で審査され、高いスコアを得た品種が受賞品種に選ばれます。ゴールドメダルは中でも極めて評価の高い品種が選ばれますが、該当のない年も多くあります。当社では2020年発表のAASでもジニア「プロフュージョン レッドイエローバイカラー」が業界として17年ぶりにゴールドメダルを獲得しています。2年連続でサカタ品種がゴールドメダルに選ばれたことは大変名誉なことで、当社の品種開発力の高さを世界に示した結果となります。

「Viking」(バイキング)シリーズは当社が2019年からヨーロッパや北米、中国を中心に販売を開始した種間雑種※2のベゴニアです。鉢によっては草丈1mほどにもなる大型のベゴニアで、真夏の暑さや乾燥に強く、長期間花を楽しめることなどが欧米を中心に高く評価されています。今回ゴールドメダルを獲得した『Viking Explorer Rose on Green』は耐暑性など「バイキング」ならではの特性を持つことに加え、この種のベゴニアにはなかったクリーピングタイプ(ほふく性)の草姿の、鮮やかなローズの花色と光沢のある緑葉を持つ品種です。特に欧米の園芸ではハンギングバスケットや窓下装飾の人気が高く、クリーピングタイプで鉢からしだれる草花には高い需要があります。通常ベゴニアはそれらの用途ではメジャーな品目ではありませんが、『Viking Explorer』シリーズによって新しいベゴニアの用途が広がり、新規市場の開拓、ひいてはベゴニア自体の価値向上につながることを期待しています。

『Viking Explorer Rose on Green』の日本での販売は未定です。2021年から北米、ヨーロッパで種子の販売を開始しており、今後アジアなど順次販売地域を拡大します。

■新しいベゴニア市場を開拓、クリーピングタイプの『Viking Explorer』シリーズ

ヨーロッパや北米では、花の楽しみ方のトレンドとして「ハンギングバスケット」が大きな存在感を持ちます。通常の鉢植えとは違い、高いところからつるして楽しむため、鉢からしだれるような草姿が好まれます。一般的にはクリーピングタイプのペチュニアやゼラニウムなど、しだれるタイプの植物が多く使われています。今までベゴニアにはクリーピングタイプの品種がなく、ハンギングバスケットでは一般的な品目ではありませんでした。今回、クリーピングタイプの『Viking Explorer』シリーズを開発したことで、ベゴニアがハンギングバスケットでも使われるようになり、より市場が拡大することを期待しています。なお、『Viking Explorer』シリーズには今回AASで「ゴールドメダル」を獲得した『Rose on Green』のほか、「Red on Green」(レッド オン グリーン)もあります。

窓下に飾った『Viking Explorer』シリーズ イメージ
クリーピングタイプのため、
窓下など目線と同じかそれ以上の場所に飾っても楽しめる。

左:「バイキング レッド オン グリーン」
右:『Viking Explorer Rose on Green』
従来の「バイキング」シリーズと比べて
『Viking Explorer』シリーズは横に広がる
性質がある。

『Viking Explorer Rose on Green』をハンギングバスケットに使用。
程よくしだれて、中心部も花や葉が付くため見栄えがよい。

※1オール アメリカ セレクションズ(All-America Selections):
1932年に発足した、花や野菜の優良新品種の選定や普及を行う非営利機関。アメリカ、カナダの一般園芸愛好家に対し新しい園芸品種を紹介、普及することを目的に活動しており、世界の主要な種苗会社が競って新しい育成品種を出品する、園芸業界で最も権威のある業界団体である。北米大陸の大学、植物園、種苗会社など数十カ所で栽培試験され、結果の優秀なものについて入賞品種が決定されるもので、「花のオリンピック」ともいわれる。実生系花、栄養系花、果物/野菜、多年草の4部門があり、さらに2021年から実生系花・栄養系花・果物/野菜の3部門ではエントリーを露地か鉢、または両方を選べるようになった。賞には北米全域で高く評価された場合に贈られる「National Winner」と特定の地域で高く評価された場合に贈られる「Regional Winner」がある。ゴールドメダルについては「National Winner」から特に優れたもののみを選出するため、該当がない年も多い。また、顕著な品種育成を行いAASの受賞品種として花壇苗向け種苗産業に大きな影響を与えた育種家に対して贈られる「ブリーダーズ・カップ」もある。

※2 種間雑種:
同じ属の、異なる種の両親の間にできた雑種のこと。

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.