現地の文化や特性を尊重し、各地域の人々の
生活と文化の向上に貢献する商品・サービスを提供してまいります。

サカタグループは「良質な商品とサービスの提供により、世界の人々の生活向上に貢献する」という創業者の志を現在まで受け継ぎ、グローバルで事業を展開しています。各地域での文化や価値観、し好など実情を理解、尊重するとともに、各地域の農業・園芸業の課題解決、持続的発展に寄与する花と野菜の種苗を提供してまいります。また、栽培技術のほか生活スタイルなどトータルな提案をすることで、世界の種苗界をリードする種苗会社として、世界に笑顔と栄養を届けてまいります。

サカタグループ事業運営体制

世界各地にあるサカタグループの主な海外拠点 ※2022年3月現在

サカタグループでは全世界を「アジア・オセアニア」、「北中米」、「南米」、「ヨーロッパ・中近東・アフリカ」の4つの地域に分け、各地域における健全な事業運営に取り組んでいます。

株式会社サカタのタネ 本社の役割

サカタグループのグループ統括機能、アジア・オセアニア地域の統括機能、日本における一つの事業会社機能を有しています。

サカタグループ(株式会社サカタのタネおよび当社の関係会社)の統括

北中米、南米、ヨーロッパ・中近東・アフリカの三地域を各々統括する地域統括会社を設置。株式会社サカタのタネは地域統括会社とともにサカタグループの経営課題について協議を行い、グループ全体最適化を図っています。

アジア・オセアニア地域の統括

株式会社サカタのタネはアジア・オセアニア地域の統括を直接行っています。アジア・オセアニア地域の関係会社とともに事業戦略に関する協議を行っています。

日本における事業会社機能と日本国内関係会社の統括

株式会社サカタのタネは日本における一つの事業会社としての事業のほか、日本国内にある関係会社の統括を行っています。

サカタグループの主な事業

サカタグループでは、花と野菜の種苗を通じて「心と体の栄養」を世界の人々に届けることを使命とし、サカタオリジナルの価値ある商品開発を進めています。野菜種子、花種子、球根、苗木、農園芸資材などの園芸商材の販売業務を行っています。

国内卸売事業

野菜種子、花種子、球根、苗木および農園芸資材等を生産もしくは仕入れ、国内の種苗会社等へ卸販売しています。

海外卸売事業

野菜種子、花種子、球根、苗木および農園芸資材等を生産もしくは仕入れ、海外の種苗会社等へ卸販売しています。

小売事業

一般園芸愛好家を対象とした商品を仕入れ、国内のホームセンター向けに販売しているほか、通信販売および直営園芸店での販売を行っています。

その他事業

官公庁・民間向け造園工事の施工・管理、人材派遣業務、農産物の生産・加工・販売、研究開発の受託業務を行っています。