坂田社長の写真

「種苗の力で笑顔と健康をお届けすることが使命です」

新型コロナウイルス感染症によりご逝去された方々に対し謹んでお悔み申し上げますとともに、同感染症に罹患(りかん)されている方々や、困難な状況におられる皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、同感染症拡大防止や治療に取り組まれている医療関係者の方々をはじめ、全ての皆さまに心より御礼申し上げます。

サカタのタネの歴史は、創業者・坂田武雄が横浜の地で「坂田農園」を起こしたことから始まります。当初は苗木や球根の輸出入を行う業態でしたが、ほどなく新品種の作出とその種苗の生産・販売という現在の形に姿を変えました。以来100有余年、当社は種苗を通して社会に貢献してまいりました。

皆さまの健康に大切な栄養をお届けする野菜、日々の暮らしに安らぎと潤いをお届けする花。どちらも、タネや苗がなければ栽培することはできません。いわば種苗業は農業生産になくてはならないエッセンシャルビジネス(必須産業)です。サカタのタネは、その責任を全うするために、世界19カ所の研究農場・施設をはじめグローバルな体制で企業活動を行っています。また、2020年12月から世界の多くの国々において猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の拡大下では、植物を育てる楽しさが改めて見直され、家庭園芸に注目が集まりました。当社はこの分野においても多くの商品の提供を行っています。

そして、素晴らしい品種でも安定した生産のためには、その生育を支える資材と、最新のテクノロジーを利用したソリューションが必要とされます。当社はこれらの種苗を取り巻くソリューションの開発にも力を入れています。

サカタのタネはその社是である「品質・誠実・奉仕」を実践すると同時に、変革する時代の風を積極的に取り入れ、次の100年も皆さまに笑顔と健康をお届けしてまいります。
皆さまの一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2022年3月
株式会社サカタのタネ
代表取締役社長 坂田宏

坂田 宏サイン画像