サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2021>
  4. 雨でもあでやか『ビューティカル』シリーズの新色限定販売

ニュースリリース|2021

2021年11月11日

雨でもあでやか『ビューティカル』シリーズの新色限定販売
属間雑種ならではの鮮やかな濃いイエロー、定番カラーのホワイトを追加

サカタのタネは、カリブラコアの強健さと花色、ペチュニアのような生育の旺盛さと花径5~7cmほどの中大輪系の花を併せ持つ属間雑種「ビューティカル」シリーズの新品種『ビューティカル イエローサン』と『同 パールホワイト』を限定販売します。

「ビューティカル」は雨でも傷みにくい花弁とカリブラコア独特の花色、そしてペチュニアのようなこんもりとした草姿が特徴で、カリブラコアとペチュニアのよさを“いいとこどり”したシリーズです。

『ビューティカル イエローサン』はペチュニアにはあまりない、カリブラコアとの属間雑種ならではの鮮やかな濃いイエローの花色が特徴です。雨による花弁の傷みも少ないため、従来ペチュニアが苦手とする梅雨時期も含め、春から秋にかけての長期間鮮やかな花色を楽しむことができます。『同 パールホワイト』は花付きもよく、涼しげなパールホワイトの花色が特徴です。ホワイト系の花色はほかの草花とも合わせやすいといった理由から園芸ユーザーにも人気の高い定番色です。今回新たにラインアップに加えることで園芸ユーザーにとって選択肢が増え、より園芸を楽しんでいただけることを期待しています。

『ビューティカル イエローサン』『同 パールホワイト』は、オンラインショップを含む当社通信販売と直営店のガーデンセンター横浜で順次販売します。通信販売では2021年11月下旬から受注を開始し、翌年4月中旬から順次発送、ガーデンセンター横浜では2022年3月下旬より販売します。販売形態はいずれも10.5㎝ポット苗で、当社通信販売では2ポット1組1,100円(税込)、ガーデンセンター横浜での販売価格は1ポット437円(税込)です。

■「ビューティカル」シリーズの特徴

①カリブラコアとペチュニアの属間雑種で、花は中大輪系、草姿はこんもりとスタイルよくまとまる
②花弁が厚く、従来のペチュニアが苦手としてきた梅雨時期でも花弁が傷みにくいため、春から秋まで長く楽しめる
③カリブラコアとの属間雑種ならではの鮮やかな花色

■春の花壇に欠かせない定番色、ペチュニアにおける鮮やかな濃いイエローの育種

ペチュニアは華やかな見た目とカラーバリエーションの豊富さから園芸愛好家からも人気の高い定番の花です。毎年、新色や新品種に注目が集まる状況の中、新品種の育種に各社取り組んでいます。中でも近年、春の花壇に欠かせない定番の色としてイエロー系の新品種が発表されています。ペチュニアの性質上、濃いイエローの性質は出にくく、「黄色いペチュニア」といってもクリーム色や薄いイエローの品種が多くあるように、濃いイエローのペチュニアの育種は難しいと言われています。

当社は春の花壇で鮮やかな黄色いペチュニアを楽しんでいただきたい、そんな思いで『ビューティカル イエローサン』を開発しました。従来のペチュニアの欠点を克服する「ビューティカル」シリーズの特徴も兼ね備え、春から秋まで鮮やかな花色を楽しんでいただけることを期待しています。

サカタのタネは世界初の完全八重咲きペチュニアの開発に始まり、数々の歴史に残るペチュニアを作り出してきました。ペチュニアとカリブラコアを融合させた「ビューティカル」シリーズは当社だからこそ開発できた、画期的な品種です。

■『ビューティカル』シリーズ ラインアップ 

品種 特徴
ビューティカル イエローサン 鮮やかな濃いイエローの花色
ビューティカル パールホワイト 涼しげなパールホワイトの花色
ビューティカル ボルドー 深みのある落ち着いたレッドの花色
ビューティカル サンレイピンク 優しいピンクの花色に、中心部はイエローを帯びる
ビューティカル シナモン ペチュニアにはないアンティークオレンジの花色
ビューティカル キャラメルイエロー ペチュニアにはない濃いイエロー、中心は赤みを帯びる
ビューティカル フレンチバニラ 明るく白みを帯びたクリームの花色に、中心部はブラウン

■販売ルート・規格・価格・販売開始時期

販売ルート 規格 価格 販売開始時期
オンラインショップを含む
サカタのタネ 通信販売
10.5cmポット苗  1,100円(税込)
(2ポット1組)
2021年11月下旬から受注開始
2022年4月中旬から順次発送
サカタのタネ ガーデンセンター横浜 10.5cmポット苗 437円(税込) 2022年3月下旬



※ 属間雑種:
種内の品種間には見出せない形質をほかの属から導入するため、異なる属間で交雑を行うこと。

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.