サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2021>
  4. 三菱鉛筆などと『鉛筆の資源循環システム』実証実験を開始

ニュースリリース|2021

2021年11月15日

三菱鉛筆などと『鉛筆の資源循環システム』実証実験を開始
使用済み鉛筆を棒状肥料などに再利用、品川区立の小学校などで実施へ

サカタのタネ(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:坂田宏)は、三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区、以下三菱鉛筆 代表取締役社長:数原滋彦)、日本郵便株式会社東京支社(東京都港区、以下日本郵便 支社長:樋口良行)、品川区教育委員会と使用後の鉛筆を回収し、棒状肥料やバイオマス発電として再利用する取り組み『鉛筆の資源循環システム』の実証実験に参加します。

従来鉛筆は短くなるまで使われた後、多くはごみとして処理されます。三菱鉛筆では最後まで芯が入っていない国産ヒノキ材を使用した「フォレストサポーター鉛筆」を開発し棒状肥料として再利用するほか、通常の鉛筆回収によりバイオマス発電への再利用の取り組みを行う『鉛筆の資源循環システム』を発案しました。本スキームの実証実験として、品川郵便局配達地域内の品川区立の小学校・義務教育学校11校で循環のトライアルを11月15日から実施します。具体的には、1)同11校に「フォレストサポーター鉛筆」を無償配布、2)同11校と品川郵便局に鉛筆回収ボックスを設置し、使用済みの「フォレストサポーター鉛筆」、通常鉛筆の分別回収を実施、3)回収された「フォレストサポーター鉛筆」を棒状肥料に、通常の鉛筆をバイオマス発電に再利用し、棒状肥料を協力した学校に配布します。

当社は『鉛筆の資源循環システム』の理念に共感し、使用済みの「フォレストサポーター鉛筆」を棒状肥料化する開発協力を行いました。身近な文房具である鉛筆を使った本取り組みを通じ、参加した小学生などが資源循環について学ぶきっかけになること、また、本スキームの実用性が確認され、展開地域の拡大などさらなる広がりの検討ができることを期待しています。

■「フォレストサポーター鉛筆」とは
 正しく持つことができる長さまで芯が入っており、後端には芯が入っていない鉛筆。芯が入っているところまでは通常の鉛筆同様に使うことができ、使い終わった後は芯の入っていない木材のみの部分が残ります。自然由来の接着剤と塗料を使っていることもあり、再利用しやすいことが特徴です。『鉛筆の資源循環システム』では使い終わった芯の入っていない箇所を回収し、木粉化して棒状肥料に再生します。

「フォレストサポーター鉛筆」
協力する11校に無償配布されるほか、
品川郵便局でも11月15日からテスト販売されます。
※写真は品川郵便局でテスト販売される12本入りのもの。

回収箱「ペンシルポスト」
協力する11校、品川郵便局に設置。
使用済み鉛筆を日本郵便が回収します。

「棒状肥料」 
使用済み鉛筆を木粉化して棒状肥料に再生。
協力する11校に配布されます。
棒状肥料はサカタのタネが開発協力を行っています。

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.