「希望のタネをまこう!」プロジェクトイメージ画像(応募で寄せられた沢山の事例写真)

「希望のタネをまこう!」プロジェクトについて

「希望のタネをまこう!」プロジェクトは2011年に起きた東日本大震災の復興支援を目的に発足し、今年で12年目を迎えます。現在は活動の輪を広げ、日本各地の災害からの復興を応援しています。

日本中が花の力で元気になりますようにそれがサカタのタネの願いですのイメージ画像(ひまわりと女の子の画像)

日本中が花の力で元気になりますように
それがサカタのタネの願いです

応募事例紹介

応募事例のイメージ画像

全国で希望のタネが花を咲かせています!

千葉県館山市都市計画課様

東日本大震災杉ノ下遺族会様

伊豆の国市役所他様


希望の花を咲かせよう

サカタのタネでは、東日本大震災や熊本地震などの被災地および全国のボランティア団体の皆さまへヒマワリのタネを進呈しています。

配布用種子の募集要項のチラシ

タネ袋に込められたメッセージ「ひまわりの花畑」

仙台市在住の詩人 大越 桂さんにご提供いただいた詩「ひまわりの花畑」は、復興の輪がヒマワリとともに広がっていくことを願って作られました。この詩は、「復興ひまわり」を育てる活動をしている群馬県の小学生たちを応援するために作ったものです。

「ひまわりの花畑」 詩/大越 桂 ひまわり畑の真ん中に 両手を広げて寝ころべば 広がる黄色の絨毯が 私を空まで押し上げる ひまわり畑の真ん中に 友だちさそって寝ころべば 元気が黄色に広がって つないだ手と手あったかい ひまわり畑の真ん中に みんなで一緒に寝ころべば 花と笑顔が重なって 町中きらきら光りだす つないだ手と手 輝く笑顔 青い空と花畑 みんな仲良し いつまでも