サカタのタネの会社情報の適時開示に係る社内体制の状況は、下記のとおりです。

(1)決定事実

重要な決定事実については、原則として毎月1回開催する取締役会において決定するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催することにより迅速な決定を行っております。決定された重要事項について、開示が必要か否かを情報取扱責任者を中心に検討し、開示が必要な場合には、迅速に行うよう努めております。また、取締役会には監査役が出席しております。さらに、必要に応じて会計監査人による監査および弁護士、税理士等によるアドバイスを適宜受けており、正確かつ公平な会社惰報を開示することに努めております。

(2)発生事実

事故・災害・訴訟等については事象が発生後、危機管理対策本部にて情報収集を行い、情報取扱責任者を中心に情報開示の検討準備をいたします。その他の発生事実については、当該部署より情報を入手して、情報取扱責任者を中心に適時開示項目に該当する場合、経営陣への報告または必要に応じ取締役会決議を経て、迅速に情報開示をいたします。

(3)決算に関する情報

決算に関する情報については、経理部が作成、管理、開示を行っております。決算数値等については会計監査人による監査並びに監査役会の監査を経て、取締役会で決定し、経理部より速やかに適時開示を行います。